平均年収はどれくらいもらえるの?

手術室看護師 → 手術室看護師-平均年収は?

手術室看護師-平均年収は?

平均年収が気になる看護師さんも多いかと思います。誰でも働く以上、自分の職種の平均年収はどこのくらいなのか知りたいものですよね。
手術室看護師

看護師は一昔前までは「白衣の天使」と呼ばれる女性の職業というイメージが強かったものですが、近年では男性看護師も多くなっています。活躍の場も、それだけ広がりをみせているようです。では、収入面ではどうでしょうか?

看護師は全体的にみて、大体「470万円前後」が平均年収とみてよいでしょう。これだけあれば、安定した生活は送れそうです。年代別では、20代の看護師の平均年収が「380万円程度」で、月給28万円前後になります。男性も女性も差ほど変わりはありませんが、どちらかというと女性のほうが10万円程度年収が高いようです。

そして、20代後半になると、月給が30万程度になり、平均年収は「430万円前後」になります。この頃になると、男女の差はほとんどみられません。しいていうならば、女性のほうが若干多い程度です。

30代に突入すると、男女共に年収もアップして、平均年収は「470万円程度」になってきます。月給にすると32万円前後です。男女の年収の差は、20代と違って男性の方が高くなる傾向がみられます。30代後半は、男女共に30代前半よりは少し年収がアップする程度の上がり幅しかみられません。

40代~は、500万円を超す年収になることも珍しくなく、看護師全体の平均年収よりも多くなるようです。ただし、職場によって異なりをみせます。

以上が、看護師の平均的年収になりますが、ケースバイケースで20代で平均以上の年収を手にすることもあります。また、ボーナスを重視している場合は、基本給は安いけれどもボーナスによる収入が高いことで、結果的に高い年収を得ている方もいらっしゃいます。

確かに、転職するなら年収が高い方が魅力的ですが、目先の金額に捉われずに、長く働ける職場か否かに重点を置く事も大切です。転職を繰り返すよりも、長く働くことで確実に昇給していき、年収もそれなりに付いていく可能性が高いと言えるからです。

家庭と仕事を両立できる職場

ただでさえ忙しい看護師の仕事を家庭と両立しながら続けていくには、働きやすい職場であることが大前提と言えるでしょう。それまで勤めていた職場が、結婚して家庭を持った途端に働きにくくなり、仕事と家庭の両立が困難になったというケースは少なくありません。

そして、退職せざるをえなくなったり、転職を視野にいれている‥という方もいらっしゃいます。では、家庭と仕事を両立できる働きやすい職場とは、どのような環境なのでしょうか?

まず、第一に挙げられるのは、同じ職場の仲間の理解と協力です。例えば、子供は小さい頃は体調不良になりやすいので、急な休みを余儀なくされることもあります。そのような際に、理解を示してくれて、変わりに業務を請け負ってくれるサポート体制が整っているところは、家庭を持つ看護師にとって有り難いものです。

それは逆の場合も然りです。他のスタッフが同じ状況であった場合は、ご自身も快くサポートするようにしなければなりません。職場のスタッフ同士が互いに支えあえる職場環境であったら、間違いなく働きやすい職場と言えるでしょう。

ただ、これはスタッフ同士の協力だけでは実現できない部分もあります。何故なら、急な休みに対応してもらうには、職場の勤務体制や休暇取得状況といった土台が整っていなければ上手くいきません。

日頃から勤務体制が厳しい状況にあり、人数がほとんど足りていない状態の職場環境であった場合、いくらスタッフに理解と協力があったとしても、サポートするには限界がでてきます。そうなると、肉体的疲労や精神的負担が伴って、愚痴や不満がでてくる可能性は否めません。人間、大方、余裕がないときにはそうなるものです。

そうなった場合、事情がどうであれ、休んだ事で肩身が狭くなり、気まずい雰囲気になることも考えられます。これでは、家庭と仕事の両立も難しくなってしまいます。できる限り、子看休暇や忌引休暇等の扱いにしてくれる職場環境であれば、こういった支障も出にくいと言えるでしょう。

企業看護師として就職するには