スピード審査のキャッシング即日のメリット

スピード審査のキャッシング即日のメリット

担保、保証人なしでお金を借りることができるキャッシングサービスは、審査がスピーディなところが魅力です。提出する書類が少ないため、相対的に審査は早いですが、融資実行までの時間は金融機関によって差があります。特にスピード審査に長けているのは大手消費者金融で、即日融資がもはや当たり前、最短30分、1時間といったスピード融資を実行するレベルになっています。

それほど急いでいない、という人であっても、スピード審査には多くのメリットがあります。例えば審査に通らなかった時のことを考えてみてください。お金は1週間後に必要だから急いでいない、といっても、審査に3日かかった挙句、審査落ちしてしまったらかなり焦るのではないでしょうか。

1度落ちると人間自信がなくなりますから、次の審査も落ちるのではないか、と不安にかられるようになります。また審査に3日かかるようなキャッシングに申し込むと、結果が出るまでハラハラしなければならず、精神衛生上良くありません。

一方で、即日融資を実行している金融機関であれば、審査の結果もその日のうちに知ることができます。融資実行まで最短30分としている金融機関であれば、審査の結果もせいぜい1時間程度で出してくれるでしょう。1時間くらいであれば、ハラハラすることもなく、万が一落ちても落ち着いて次の融資に申し込むことができます。

金利や返済にかかる手数料といった使い勝手も重要ですが、キャッシングはお金が必要な時に融資してくれなければまったく利用する意味がありません。最初はスピード審査の会社を選ぶほうが何かと都合が良いでしょう。

但し、スピード審査を売りにしている金融機関は、金利が高めに設定されている傾向があります。1回きりの利用ならともかく、長く利用し続けようと思っているなら、金利の低いキャッシングサービスに借り換えを検討するのも良いでしょう。ひとまずスピード審査でカードを手に入れ、ある程度使用実績を積んでから、別の低金利のサービスに申し込みをするのが賢く借り換えるコツです。

キャッシングは返済しやすいかどうかも重要

カードローンを賢く利用するには、約定日の返済を守るのはもちろんのこと、余裕のある時には随時返済し、残高を極力減らすことがポイントです。残高が多くなりすぎると金利負担が重くなり、生活にも支障が出るでしょう。カードローンを選ぶ時には、金利や審査のスピードだけでなく、返済しやすいかどうかも確認しておく必要があります。

カードローンの返済方法は銀行によって異なり、主に口座引き落とし、振込による返済、ATMからの返済の3種類があります。消費者金融のキャッシングでリボ払いをする時も同じです。好きな返済方法を選べる場合もあれば、返済方法が限られている場合もあります。どちらにしても、自身が返済しやすい方法が用意されているかどうかは必ず確認しておきましょう。

口座引き落としとは、指定された銀行口座から自動的に引き落とされる方法です。電気代や携帯電話料金などを自動引き落としにしている人も多いでしょう。それと同じです。ATMからの返済となると、万が一忘れてしまった時に滞納になってしまいますが、自動的に引き落とされるなら忘れることがありませんので安心です。

但し、引き落とし日に口座残高が不足にならないよう気を付けておく必要があります。1円でも足りなければ引き落としはされず、滞納になってしまいます。生活口座と一緒にしてしまうと、知らないうちに残高不足ということもあり得ますので充分に注意しましょう。

できれば返済用の口座を専用に用意するのが理想です。口座引き落としに使える銀行が決められていることも多いので、口座を持っている銀行かどうか、もしくは近くにある銀行かどうかを確認しておきましょう。

振込による返済とは、期日までに指定された口座に振り込んで返済する方法です。現金やインターネットバンキングで振込をする方法がありますが、振込手数料がかかるのが一般的です。また、最も返済を忘れやすい方法でもありますので、あまりお勧めできません。

ATMからの返済は、カードと現金を用意し、銀行ATMや提携ATMから返済する方法です。コンビニと提携しているカードローンなら、24時間いつでも返済できますので、なかなか使い勝手の良い返済方法です。返済に関しては手数料無料のことが多いのも特徴です。

アイフルのキャッシングローンの強みについて

最近では多くの消費者金融で、初めての利用者を対象とした無利息キャッシングサービスの取扱を行っており、短期的な借入であれば大手銀行のカードローン商品などよりもお得に借り入れができる消費者金融が多くなっています。

最近では多くの消費者金融で、初めての利用者を対象とした無利息キャッシングサービスの取扱を行っており、短期的な借入であれば大手銀行のカードローン商品などよりもお得に借り入れができる消費者金融が多くなっています。

東証一部上場の消費者金融であり、無利息キャッシングサービスが他社に比べて容易にできるという点において優位性があるのがアイフルになります。 アイフルのキャッシングローンの基本情報をはじめ、無利息キャッシングを行う上で同業他社と比較してどのような点に特徴があるのかなどについて詳しく解説していきます。

・基本事項
実質年率は4.5%から18.0%となっており、利用限度額は最大で500万円までとなっています。なおインターネットから申し込みをしたあとにフリーダイヤルへ電話することで優先的に審査をしてもらうことができますし、最短で即日キャッシングも可能なので、急ぎでお金が必要というケースにも対応可能です。

なお、最大で500万円まで借り入れは可能ですが、同サービスは総量規制対象のサービスなので年収の3分の1を超える借入はできないという点に気をつける必要があります。

・無利息期間について
アイフルの利用が初めてであり、同サービスの契約者を対象として、30日間無利息でキャッシングができるサービスを実施しています。

無利息キャッシングの適用開始日は契約日の翌日から30日間であり、この期間内であれば全額返済をして再融資を受けた場合でも引き続き無利息でキャッシングができます。

同業他社の30日間無利息キャッシングサービスは、サービスを享受するために複数の条件が設けられていることが多いのですが、アイフルの場合は初めて利用することという以外に条件はありません。

この点に、アイフルのキャッシングローンならではの強みがあると言っても過言ではありませんし、複雑な条件無しで無利息キャッシングサービスを享受したいと考えている人に、同サービスが強くおすすめできる大きな理由となっています。

審査に通らない2つの金融ブラックの対策について

キャッシングを利用するためには、金融機関による審査に通らなくてはなりません。それぞれの金融機関によって審査基準には違いがありますが、殆どの金融機関が審査に通さない人があります。それが金融ブラックと呼ばれる状態にある人です。

一般的に金融ブラックは、ブラックリストと申し込みブラックの2つがあります。 ブラックリストとは、金融機関のすべてが加盟している信用情報機関の個人信用情報の事故情報や異動情報の記載のことを指しています。事故情報や異動情報には、3ヶ月以上の返済遅延や債務整理の履歴が記載されています。

ブラックリストに記載されている情報があれば、殆どの金融機関は審査に通すことはありません。なので、ブラックリストに記載されてしまうということは、キャッシングを利用できないということになるのです。一度ブラックリストに記載されますと、5年から10年はブラックリストの記載は削除されません。

ブラックリストの記載されないためには、返済遅延や債務整理を避けることですが、債務整理を避けることはなかなか難しいと考えらますので、避けることができるのは返済遅延です。

一回や二回の返済遅延ではブラックリストに記載されませんから、少なくとも3ヶ月連続の返済遅延は避けるべきです。ブラックリストに記載されるデメリットは大きいものです。

申し込みブラックは、金融機関へのキャッシングの申し込みを短期間に連続して行うことによってなってしまう金融ブラックです。金融機関によって違いはあるものの、一ヶ月間に3社以上の金融機関へのキャッシングの申し込みをすれば申し込みブラックになってしまうようです。

それに、申し込みブラックになってしまった場合でも、半年間で申し込みの履歴は削除されます。半年間はキャッシングの申し込みを控える事によって、申し込みブラック状態を脱することができます。