派遣薬剤師求人 > 薬剤師の資格が活かせる仕事 PMS

薬剤師の資格が活かせる仕事 PMS

新薬が開発され、医療現場で使用されるようになるまでには、膨大な費用と時間が必要となりますが、新薬の有効性や安全性は、治験という限られた試験でしか確認されることがありません。

治験では、合併症などを持たない少数の健康体の被験者が対象となり、幼児や高齢者、妊婦や特定疾患をもつ方など、特定の患者群での検討・試験は行うことができません。また、他の医薬品との併用を行う場合、全ての相互作用や副作用を確認することも実質的に不可能です。

新薬の開発段階で予想できる副作用は事前に防止することが可能であるケースが殆どですが、人体は吸収、代謝、排泄機能の個体際によって、医薬品の作用の現れ方が異なり、新薬製造段階で想定不可能の副作用がでる可能性もゼロではありません。

そのため、製薬メーカーには新薬の販売後、医薬品の安全性と湯構成を調査し、治験段階で取得できなかった適正使用に関する情報の収集と、公的期間への副作用に関する報告書の提出が義務づけられています。これを「市販後調査(PMS)」と言います。また、この市販後調査を行う人のこともPMSと呼び、近年薬剤師からPMSへキャリアチェンジする人も増えてきています。

市販後調査は、再審制度と安全性定期報告、再評価制度、副作用・感染症報告制度といったもので構築されており、実施はGPSP(医薬品製造販売後の調査および試験の実施基準)とGVP(医薬品製造販売後の安全管理基準)によって、厳格かつ慎重に運用されることとなります。

PMSは、外資・内資を問わず製薬企業において募集数が増加傾向にあり、薬剤師の転職先としても注目を集めつつあります。PMSは未経験でも応募できる求人が存在しますが、大半は薬剤師や看護師の資格保持者、CRA、CRC経験者が対象の案件となっています。

最近は、市販後調査において海外の副作用報告を取り扱うケースが多いことから、高い英語力が求められる求人案件も増加しています。加えて、外資系製薬企業のPMSの場合は日常的にビジネス英語が必要となるため、ボーダーと言われるTOEIC700点以上の英語力があると心強いでしょう。