派遣薬剤師求人 > 薬剤師の仕事が活かせる仕事 在宅医療

薬剤師の仕事が活かせる仕事 在宅医療

高齢化が進む日本において、在宅医療の重要度は年々高まりを見せています。在宅医療は、長期入院を抑制できるため、国単位の医療費削減をできるという経済面でのメリットがあるだけでなく、長期療養が必要な高齢者が自宅で安心して療養できるという医療面でのメリットを持ち合わせます。

近年、病院・医療機関でも積極的に在宅医療の体制を整えるところが増えてきており、患者さんの療養先を訪問して薬剤管理や服薬指導が行える人材、つまり在宅医療に特化した薬剤師の需要が増えてきています。 中でも、調剤薬局の薬剤師は在宅利用の要として期待されている存在です。

最近は、調剤薬局の中にも、地域医療の基幹となる病院と連携を取りながら地域医療に深く関わるところが増えてきています。調剤薬局の薬剤師は、在宅医療において患者さんの自宅を訪問し、医薬品の適正使用、飲み残しの管理、服薬状況・保存状況の指導を行うと同時に、調剤薬局内で必要な医薬品の在庫を常に確保するという業務を請け負います。

また、在宅医療を受ける患者さんは複数の疾患を抱えているケースが多く、数種類の薬が処方されていることが殆どです。こういった場合、飲む薬の量や種類を間違ってしまったり、自己判断で薬の量を調整してしまうといった問題が起きやすく、服用されずに放置される残置薬や、薬の過剰摂取などの問題が起きやすくなってしまいます。

こういった問題を事前に防ぐという意味でも、適切な薬の供給や服薬指導を行える薬剤師の存在は非常に重要となります。 薬剤師としての知識と経験を活かして在宅医療に貢献したいと希望する場合、薬物療法全般における臨床判断が求められるということを認識しなくてはなりません。

加えて、患者さんだけでなく、患者さんを支えるご家族や医療チームスタッフと信頼関係を築くための、高いコミュニケーション能力も必須となることを押さえておきたいところです。 在宅医療を利用する患者さんの服薬状況のチェックや、QOLに直結する医薬品の影響に関する評価は、薬剤師以外に担当することはできません。

在宅医療に関わる職種への転職を検討する際には、在宅医療の実績がある医療機関や調剤薬局を見極め、薬剤師として目指す在宅医療が実現できるかどうか、十分に事前確認を行っておきましょう。