派遣薬剤師求人 > チーム医療に属する薬剤師

チーム医療に属する薬剤師

医療の現場では、医師や看護師などが一つのチームになって 医療行為を行うのが主流になっています。 これまでは医師が中心となり、他のスタッフは医師の支持にしたがって 作業を分担して行うことが多かったのです。

今ではより良い医療を実現するために、各者の関係がフラットになり、 それぞれが連携するというチーム医療のメリットが実感されるように なってきました。 病院で働く薬剤師も当然このチームの一員として加わることになります。

医療において薬が果たす役割はとても大きいですし、何かミスがあれば 深刻な事態に陥ることもありますから、薬剤師の立場はとても重要です。 薬も新しいものがどんどん登場していますから、大学時代に学んだ 知識だけでは足りません。勉強を惜しまずに新しい知識を常に 吸収していく必要があります。

病院患者はかなり重症の場合もありますし、薬に関しては慎重に扱いながら 効果を上げていかなければなりません。 薬の副作用の問題もありますし、薬の専門家として薬剤師の発言は とても貴重なものです。 医療の現場で求められる知識を即座に発揮できるよう、いつでも準備して おかなければならないのです。

調剤薬局で処方される薬と比べ、病院で使われる薬はとても種類が多く、 治療の効果を考えて複雑な処方が行われることもあります。 幅広い年齢の入院患者がいますから、年齢についても考慮しなければ なりません。 もちろん、副作用についても慎重に考える必要があります。

このように、病院内のチームで働く薬剤師はとても複雑な仕事を こなさなければならず、緊張感も大きい仕事になっています。 飲み薬や塗り薬だけではなく、最近では注射の管理を薬剤師が 行うこともあるようです。 もちろん実際に注射を打つのは医師か、医師の指導下にある看護師ですが、 注射剤を調整したりセットするのを薬剤師が行うことがあるのです。

薬剤師が担う役割はどんどん増えており、チーム医療においても 非常に重要な役目を果たすようになってきています。 これまで医師に大きな負担がかかってしまっていた状況がこの チーム医療制で改善されるつあります。今後もこの傾向は進むと 思われますので、薬剤師の活躍が期待されます。